恥ずかしいエッチの体験談、人に見られた編

※本編ではなく前回とは続いていません。

この日私たちはテスト期間中でお昼頃二人とも帰ってこれたので

いつも通りジョーの家でエッチをした

 

ジョーの両親は共働きで教師をしていたから、いつも帰りは遅く私たちがイチャコラしている時はもちろん家にはいなかった

しかしジョーには年の離れた妹のリカちゃんがいて、いつも私たちがよろしくヤッている時は、実はリカちゃんが家にいる状態

宿題などをしてて自分の部屋にいることが多かったけど、やっぱり同じ家にいるので声を殺して毎回エッチしていた

 

その日はまだリカちゃんも帰ってきてなかったから、「あんあん、、、」声を出しまくってエッチしていた

私達は初めて開放的なエッチをしたからか、ジョーもかなり興奮していてたぶん時間を忘れて何回戦も楽しんでいたのだと思う(3回はした)

突然

「お兄ちゃん何してるの?」

といやらしい匂いのたちこめる部屋に女の子の声が響いた

声の方に目を向けると、リカちゃんがドアのところに立っている

「メリアちゃんをいじめないで!!」

と怒っている

かなり私も「いやー!」とか「だめー!」とか騒いでたから、知らないリカちゃんとしては、お兄ちゃんが私をいじめてると思ったらしい

ベッドの上で裸で繋がっているところを見られた私は、恥ずかしいやら教育によくないなと思うやらで何も声が出せなかったが

ジョーは

「いじめてねーよ!運動だよ!!」

と一言

なるほど!運動か!!嘘ではない笑

 

ジョーの出て行けという言葉でリカちゃんは部屋を後にした

リカちゃんに居なくなった部屋で「やばかったねーー」って二人で大笑いし

いつも通り声を出さずにエッチの続きをした(4回目笑)

リカちゃんには今も申し訳ないと思っている。。。